安全になったFXを始めよう

去年の阿部政権が行った、アベノミクスの円安施策でドル円は急激な円安傾向となりましfxasnsinた。一時はドル円が100円台となる場面もありましたが、今は98円から99円台を行き来しています。
日経平均株価も変動を起こしており、一時は景気の回復の予兆かと思われていた事もありましたが、日本の借金は溜まるばかりです。
このままでは、日本もギリシャと同じくデフォルトを起こしてもおかしくない危機的状況の中、私たちは何も危機感のないまま生活をしています。
気づいた時には仕事がなくてお金も入らなくご飯も食べれないなんて事がもしかしたら、あるかもしれません。それを回避する方法として副業があります。ここ最近では、悪徳業者が減り安全な副業としてFXが流行っています。安全といってもリスクがない訳ではありませんのでご承知をお願いします。
FXでのトレードは2005年に法が改正される前までは、悪徳業者や悪徳商法が多く存在していました。なので、なかなか個人でFXでのトレードを行おうという人は少ない状態だったのです。しかし、今では法改正もされてから時間が経ち、FX業者は金融庁の管理下となったため、下手に動いてしまってはすぐに潰れます。そこおかげで、私たちは個人でFXがしやすい環境となってきており、この日本の状況を察知した人達が、個々で稼げる副業としてFXを始める人が増えてきています。
2005年以前は、悪徳業者がおり証拠金としてお金を顧客から集めるだけ集めて会社を倒産させて持ち逃げしたり、過度な営業行為によって無理やり口座を開設させたり、トレードを行ってからレバレッジの倍率をあげるようにうながせるなどして、安全とは言えない事が多くされていました。
日本人である以上、今後の事を考えて安全な収入のパイプをつくる事は大切だと思います。

安心してFX

annssinnfxFXってやりたくてもなかなかやれないっていうのはありませんかぁ??この御時世、雇用の不安などから副業として、FXを始めている人達は増えてきています。
数年前は金融商材を扱うFXの業者は、怖いくらい攻めの姿勢で顧客にアタックしていきました。その中の質はピンからキリまで様々であり、良いものもあれば、騙されたりなど悪徳な手法をとっている業者も増えてきました。
各商材は金融商材にかぎらず、知ってもらうために、訪問販売や、電話でのテレアポという分類まで様々な形で営業、勧誘行為を行ってきていました。
特にFXなど、短になかなか聞かないフレーズに興味を持つようになると、知らない情報を知っている相手に対して、不信感をもつ方や、逆に信頼感をもつ方も増えてきたのです。その信頼感を武器にして、FX会社は営業マンを雇い業績をあげてきました。
そのおかげで、伸びた会社もあれば、落ちた会社もありますが、その中には悪徳なやり方の会社もありました。
それにより、多額な借金をおったり、資金がなくなったりなど様々な事例が発生しました。
そんな事が多々起こるため、日本の金融庁が中心となり方の改正が入ったのです。
そのおかげで、今まで知識がなかった方々は法により守られるようになったのです。以前は、FXをやりたくてもお金持ちにしか正しい情報が与える事が出来ずに、底辺の人間はよいカモとしてされてきました。
しかし、今は違います。この不景気の中、何か自分で行動につさ移さなければと、思っていてそれを行動に移せるものは、個人個人で動いていきます。わからない事に立ち向かう事は決して簡単な事ではありませんが、法改正により安心して副業としてFXなどの金融商材を扱えるようになっています。
ただ、どの時代も悪徳なやり方をしている業者はたくさんいます。
視野を広げて、本来の情報を手にいれていきましょう。

FXを始めるための注意点

tyuuifxFXを始めようと思ったり、興味があるのであれば一番最初に当たる事として口座の開設をしなければいけません。
通常、FXでトレードを行う場合はFX業者に委託をして業者を仲介役として行っていきます。そのため、そのFX業者により手数料や、アフターケアーの内容、取引額なども変わってくるのです。なので、最初の口座開設はとても重要な事となるのです。
FX業者は自社で口座の開設を行ってほしいという願望があるため、各サービス以外に、口座開設をして条件が揃えばキャッシュバックなどを行っています。
案外このキャッシュバックは助かる部分が多いのでメリットを感じる所を選ぶのも良いかもしれません。
しかし、FX業者は正当に行っている会社だけではないのです。中には、悪質な方法で顧客を騙して利益をうんでいる悪徳業者が存在するのをご存知でしょうか??
今だからこそ減ってきたFXの悪徳業者はですが、法改正が入るまではとても悲惨な状態でした。当時はどこを信じてトレードを行って行けばいいかわからない状態だったので、FXをはじめたくても、初心者ではなかなかハードルが高いものでありました。
しかし、法改正が入り、今では気軽にFXが出来るようになりましたが、いつの時代も悪徳業者は存在します。情報社会になっているので、スマホやパソコンで簡単に情報は集められますが、その情報がすべて正しいと思ったら大間違いです。
FXに興味を持ち、FXを始めるにあたって一番理解して欲しい事は、FXは決して必ずもうかるものではありません。リスクがない事なんかないのです。
FX業者がもし、「絶対に儲かる」などの情報を載せていたのであれば、その業者の対応や、キャッシュバックが良かったとしてもそこで口座の開設を行う事はオススメしません。

人気のシステムトレードをやってみる

システムトレードと言うのは業者によって内容に違いがあったりします。
こちらとしては、「なるべく勝率の高いもの」を使いたいので、FX 自動売買 無料のような安価で高性能なシステムトレードの方を選んでしまうものです。
では、そんなシステムトレードの高性能と言うのは、どのように指数化されているのか・・・。
今回は、そんなシステムトレードの評価の基準について、簡単に解説をしていこうと思います。

1.総トレード数
検証期間とされている間で実際に行われたトレードの回数です。
売買回数が多いと言う事は、そのシステムトレードを使っているとスプレッドやスリッページなどが多く発生しいますので、「リスクが大きい」かどうかの指数となります。
システムトレードと言うのは、基本的に「連続しての使用」が多いので、総トレード数が少なく勝率の高いものが理想となってきます。
さすがに、儲かるのだけれどコストは抑えづらい・・・では問題となります。

2.純損益
FXのトレードで発生する利益から損失を引くと純損益が計算されます。
トレードでは利益が発生しているのか、損益が発生しているのかが特に重要なので、純損益が酷い結果になっているシステムトレードについては、基本的に選考の対象としないでも良いでしょう。
コチラについては、総トレード数が多く純損益も損失が多いを省いて、「使い勝手の良いシステムトレード」を絞る際に利用するのも良いです。

3.勝率
そのままですが、高ければ最上の結果を出しているとなります。
システムトレードを単純に選ぶのであれば、この勝率だけでも良いでしょう。
勝率の計算は「勝ちの割合計算」なので、勝ちトレード数÷総トレード数になります。
大きな利益を狙っていく際に頼りになる指数なので、コチラが高くないものでは大きなトレードでは使いづらいでしょうし、勝率については低いものの方がむしろ少ないです。

Comments are closed.